入居前にフロアコーティング

最近では住宅を購入すると、入居する前にフロアコーティングを施すという人がとても多くなってきています。

特に小さな子供がいる家庭などは、子供がフローリングを傷つけてしまう前にフロアコーティングをしておくことで、長期間キレイな状態で生活することができるというメリットがあるのです。


子供がいると、どうしてもおもちゃを床に落としてしまったり、食事の食べこぼしや飲み物をこぼしてしまうということがありますので、それらがフローリングの細かい隙間に入り込んでしまうことによって、掃除機で吸い取るということが難しくなってしまいますし、汚れがこびりついてしまい、落ちにくくなってしまうということもあるのです。



しかし、入居する前にフロアコーティングを施しておくことによって、傷や汚れからフローリングを守ることができるため、キレイに生活することができるのです。



フロアコーティングをすることによって、汚れが落としやすくなりますし、日当たりが良いという住宅では、日光による日焼けも防ぐことができるのです。

家具を長期間同じ位置に置いておくことで、そこだけ日に焼けず、フローリングの色が変わってしまうということがよくあるのですが、入居前にコーティングをしておくことで、こういった変色を防ぐこともできるのです。
大掃除の際にフローリングだとワックスをかける必要がありますが、フロアコーティングを施すことによって、ワックスがけが不要となりますので、大掃除の手間を減らすことができるというメリットもあるのです。